美容師さんに惚れた瞬間

結婚を機に県外に引っ越すことになった私は、それと共に今後通うことになる美容院を探す必要が出てきました。
気に入らなければ別の所に行けば良いと、まず最初に気軽に訪れたのは自宅近所のとある美容室でした。
しかしこの選択が大正解だったのです。
と言うのも、担当してくれた美容師さんがとても素敵な方で、どのお客様に対しても非常に誠実に対応してくださるのです。
お客である私に十分な知識とアドバイスをくれ、私の髪ともしっかり向き合ってくれる方でした。
そしてその美容師さんが、こんなお話をしてくださいました。
美容院は、病院と同じなのです。
病院で手術をする時には、必ずそれに伴うリスクの説明があるはずです。
それに同意しないと手術は出来ないことになっています。
美容院で行う施術は、カラーやパーマで髪の本来の姿から、別のものに変えてしまうのですから、いわば手術と同じことだと思います。
だから私たち美容師は、その施術に伴うリスクの説明もきちんとしなければならないと思っていますとのことでした。
私はそれまで通っていた美容室でデジタルパーマをすすめられ、もう何年もそのパーマをあて続けているのですが、一度デジタルパーマをあてると、それが完全にとれるまでは通常のパーマはあてられない、というリスクを知らなかったのです。
なぜなら担当してくれていた美容師さんからその説明がなかったからです。
その話を聞いてびっくりしてしまった私に対し、デメリットをきちんと伝えた上でメニューを選択してもらいたいと、この日初めて出会った美容師さんは、当たり前のように先程のお話をさらっと言ってのけたのです。
女性のスタイリストさんでしたが、すっかり惚れ込んでしまい、これからはこの方に自分の髪の全てをお任せしようとまで思いました。